MENU

ブランド品って何が重要なんだろうか・・・あれを購入することによって得をするのは誰なんだろうか?まず考える。まず第一にお店が得をするよね。ブランド品っていうのはやっぱりプライベートブランド見たいなもの以外は値段もするからもうけも結構あると思うんだよ。というコトでお店がまずお得をする。続いてメーカー。服メーカーにとっては購入した人自身が広告塔になってくれるというのがあるよね。カッコいい人それをもって街を歩くだけで、お、あれいいなーとか思ったりするんじゃないだろうか?

 

ブランド品を売るという人生、ブランド品を捨てるという人生、ブランド買い取りとにかく意味不明である
私自身もそう思う。というコトでメーカーはもちろん得をするんですね。続いて考えられるのが購入者。購入者は得をしますね。まず値段に対してそれ以上の価値を感じることができたならそれだけ得をしているというコト。仮に洋服を売るようなことがあったとしても、のちのちのプラスマイナスでどんどん購入者得をしています。これって面白いですよね。価値というものは全体では絶対に一定のはずなのに、Aが得をすればBも得をするというのは本当に面白い気がします。だって本来は算数で考えればAが得をした場合Bは得をしないはずですから。ここら辺は本当に感覚的なものになるんだけどね。ファッションなんて特にそういうことが多いと思う。ある人にとっては10万円の価値がある。ある人にとっては100万円の価値がある。ある人にとっては1円の価値もない。こんなことが普通に起こり得る。非常に面白い。服 買い取りというのはけっこうありなのかもしれない